軽度の肥満治療

体型などは肥満状態だが、血液検査などで大きな問題がないなら軽度の肥満として治療が行われます。薬や手術などの本格的な治療が行われるのではなく、肥満を解消するための生活習慣を身につける為の指導が中心になります。

軽度の肥満治療で健康保険は使えるの?

まず前提条件として、肥満治療には健康保険適応制度があります。このため全く健康保険が使えないというわけではありませんが、健康保険が適応されるためには一定の条件をクリアしなければいけません。そのための…

軽度の肥満治療で投薬治療は希望できるの?

肥満の程度は人それぞれ違いがあり、標準よりもやや太めの軽度肥満の人も多いものです。軽度であっても、スタイルには影響が出てきますし、放置しているとさらに肥満が進み生活習慣病のリスクも高まります。それ…

軽度の肥満治療はどんな生活指導がされるの?

内科や糖尿病外来でお世話になるのが一般的

BMIと呼ばれる肥満指数が25を超えると、軽度肥満の部類に入りますが、数値が25~30程度の方で医師の再受診必須と健康診断で指摘された場合は、生活圏内にある病院に通院する事をおすすめされます。内科・糖尿病外来といった診療科目を受診するのが一般的であり、医師や看護師などから生活指導を受けて、健康的な体に戻れるように改善を行います。生活指導は、これまでの食習慣がどれくらい健康に悪影響を与えてきたかをチェックする事から、問診では嘘偽りなく自分の食生活を語るようにしましょう。料理経験がほとんどなく、栄養に関してわからない場合はガイドブックを渡されますので、その際に看護師や栄養士に相談して食事改善方法を話し合うのがおすすめです。

リバウンドの可能性を低くする為には運動をする事も大切

食事療法を導入するだけではリバウンドの可能性が高まってしまう事から、生活改善では運動をする事も推奨されます。全身の筋肉を使って運動する有酸素運動をするように指示されますが、その中でもウォーキング・水泳・エアロビクスは体にあまり負荷を掛けずに済むので、積極的にそれらの方法で体を動かすようにしましょう。運動をする際の注意点としては、運動開始時に気合を入れ過ぎてしまうと三日坊主になり、健康的な減量に繋がらなくなる事もあります。1日の運動は、ウォーキングだと30分や40分といった時間がおすすめで、坂道や階段を使うと筋肉の多いふくらはぎや太ももを使うので、リバウンドをしにくい体が自然に作り出せるようになります。

重度の肥満治療

肥満の状態が重度になってくると血管や内臓などに影響が及び、既に他の病気が発症している可能性があります。早急に肥満の状態を解消するだけでなく、他の病気の治療も並行して進めなければいけません。長期的な治療が必要になります。

重度の肥満治療でとられる手術にどんなものがあるの?

重度の肥満は健康にも悪い影響が出る可能性がありますので、早めにダイエットを成功させ標準体型に近づけていきたいものです。重度の肥満の場合もやはり食事制限や運動は大事です。太ってしまう原因は色々な種類…

重度の肥満治療だと入院しないといけないの?

肥満で悩む人は多いですが、軽度の肥満であれば、食事制限や適度な運動などの努力を続けることで体重を落とせることが期待できます。とはいえ、ダイエットに失敗してしまう人は多いですし、重度の肥満となると自…

重度の肥満治療を行うときの食事の内容は?

重度の肥満と診断されたら食事療法は必ず必要になってきます。肥満は肥満そのものよりも生活習慣病になることで糖尿病や心筋梗塞、脳血管障害などの重大な病気を引き起こします。肥満と診断された方はその日から…